ここはぐ🌟太陽光発電❗kokeey’s blog

時間的・経済的自由をもとめて。日々の事業や投資・子育てをつづっています。

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓


人気ブログランキング

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

 

タイナビで探す

仮想発電所(VPP)って知ってる!?太陽光発電インフラは未来のまちづくり!

 

太陽光発電一括見積り

買い物なら→amazon 

 


どうもどうも、コッキーです!

 

 

今回は、太陽光発電・電力供給の未来、仮想発電所(VPP:バーチャル・パワー・プラント)について語りたいと思います。

 

 

仮想通貨じゃなくて?

仮想発電所ってなんだよ⁉️ってなりますよね。

 

 

2つの共通点は、IoTの発展によって可能となったもので、集中型ではなく分散型だということです。

 

いままでは、大規模な発電所から一方的に電気が送られてきものを、各家庭や事務所が電気を使うといった仕組みでしたが、これからの未来はVPPにより変わっていきます。

 

 

仮想通貨は分散型の台帳で記録する、仮想発電所は分散型の発電・蓄電施設で電力需給をコントロールするものになります。

 

       f:id:kokeey:20190904125615j:plain

 

仮想発電所、VPP(バーチャル・パワー・プラント)は、もう少し詳細に補足すると、

 

太陽光発電所・風力・バイオマスなどや蓄電池、電気自動車(EV)や住宅設備などを、IoTの導入により全体をまとめて管理することで、

地域の発電・蓄電・需要を「まるで一つの発電所のように」コントロールするというものです。

 

 

ヨーロッパなんかであれば、域内が送電線網で繋がれているため、他国と電力を融通することもできるので、再生可能エネルギーなどの受給コントロールが比較的融通が利くわけですが、

    f:id:kokeey:20190904125918g:plain

国外と繋がっていない日本という島国では、融通が出来ないので、よりVPPの果たす役割は大きくなってくる、というわけです。

 

 

持続可能な開発目標(SDGs)なんかでもVPPは取り組まれており、最近主流になりつつあります。

 

日本の先進事例としては、

横浜市で防災性向上の目的とした政策で、太陽光と蓄電池を小中学校に整備することで、その分散型の電源をIoTで束ねて1つの発電所のようにする仕組みがすでに導入されています。

 

 

VPPによって、エネルギーの「つくる」「ためる」「つかう」を調整し、家庭や企業、工場、店舗、自治体などが電気を供給しあうことで、地域の防災性の向上・持続可能なまちをづくりを推進するものになります。

 

 

今年度、FIT制度開始後10年が経過し、制度の大幅な見直しが行われる年になりますが、再生可能エネルギーなどの電力事業者の未来は明るいと、個人的には感じています。

 

 

それはなぜか?

 

だって、普段、皆さんは30円程度で東京電力などから電気を購入していますよね。

それが、VPPの導入により、電力を購入する皆さんは、価格を抑えた25円とか20円で手に入れられると共に、販売事業者もFIT終了後に、アグリゲーターに売ることで、大幅な買取価格の低下が避けられるのではないかと思っています。

 

 

しかも、自分で発電所・蓄電池を持つことで、その太陽光発電所が、将来の持続可能なまちづくりにも貢献することができるって、何だか、かっこよくありません?

 

世界中で問題となっている二酸化炭素の削減にも貢献できるし、地域の防災性も向上させられる。エネルギー自給率もあげられる。

 

まさに、Win×Win×Winですよね! 

 

 

コッキーは、これからも誇りをもって、太陽光発電所の所有基数を増やしていきたいと思っております。

 

 

VPPの導入される未来に向けて、ご自宅に太陽光や蓄電池、それから、太陽光発電所を所有など、検討してみてはいかかでしょうか?

 

 

一緒に持続可能な未来・省CO2まちづくりを推進しましょう!!

 

では。

 

 

良かったら、応援クリックお願いいたします。

   ↓

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログ 野立て太陽光発電へにほんブログ村

 

 

 

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓


人気ブログランキング

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村