ここはぐ🌟太陽光発電❗kokeey’s blog

時間的・経済的自由をもとめて。日々の事業や投資・子育てをつづっています。

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓


人気ブログランキング

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

 

タイナビで探す

子どもの成長・子育てについて考える⑫ -速く走る方法書-

 

どうも、コッキーです❗

 

 

先日、スポーツ大会で子どもの負けがくやしかったので、翌日に速く走る走り方の本を購入致しました!!

 

過去記事コチラ↓

www.kokeey.work

 

 

地域スポーツ大会の翌日、筋肉痛でバッキバキの体をおして柏の葉のT-SITEへ!

後輩に子どもが生まれるということで、「子育て本」と「走り方本」探しに行ってきました!!

 

 

子育て本については、「ヨコミネ式」や「くぼたのうけん」、題名では「男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方」「小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て」「0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす! 」などをサラーっと立ち読みしてきました。

 

ちょっと、決め手がなくて購入できませんでしたが・・・

好き好きはあると思いますが「男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方」が、初めての育児される方にはなんとなくオススメかなーって感じです。

 

 

〇オススメの速く走る方法書!!

 

さてさて、ここからは本命の「走り方本」です!! 

 

 

いくつもの「速く走る」本の中で、1冊を選びました。
先日もご紹介したとおり、元柏レイソルのスピードスター伊東純也の本もあったのですが、やはり最近のロジックが必要と思っていたので、オリンピック日本代表短距離コーチが著した「小・中学生のための運動会で1位になる速くなる走り方教室」こちらの本を購入しました。

 
足が速くなる「ポンピュン走法」もきになりましたが・・・          
 
 
この本が気に入った理由は、
①コッキーが小学校で習った走り方の練習とは180度違うこと
②銀メダルを獲得した400mリレーのオリンピック代表短距離コーチをしていた方のメニューであること
です!!
 
 
皆様も感じていることと思いますが、最近の日本の短距離、特に400mリレー選手の足の速さを見ていると、短距離界が変わってきてると感じますよね。
 
 
〇本書の内容
 
〇内容紹介

・まず最初に、これまでの常識を覆す走り方が記載されています。

・次に、スキャモンの発育曲線に基づく運動神経についてふれています。

 

ここまでで、もう僕の心をキャッチです!!

コッキーは運動神経は良くないものの、小学校ではサッカー・陸上部に所属して練習していました。

「もも上げ」「腕を大きく強くふる」「蹴って大きなスライド」やらされたな~と。

 

 

しかーーーーーーし!!!

 

本書では、まったく逆です!!

 

 〇常識を覆す走り方 

 

〇腕は後ろに大きく振らない!!
〇ももより、足の運び方が大事!
〇地面を"押す"ようにして走ろう!

 

  f:id:kokeey:20191108093126j:plain      f:id:kokeey:20191108093152j:plain

 

まったく逆やん!!

どーーーーりで足が速くならなかったわけですよ・・・

目からウロコですよ。。。

 

 

・・・あんなに、一生懸命練習したのに・・・

 

・・・ふともも肉離れしても頑張ったのに・・・

 

何事も、良いコーチ・コーチングに出会うことが大事ですよね。

ただ、習えばいいってもんじゃない!!

 

 〇スキャモンの発育曲線 

f:id:kokeey:20191108092140g:plain

 

「スキャモンの発育曲線」これは有名ですね。

 

生涯でも最も運動能力が向上する時(9~11歳)を「ゴールデンエイジ」と言います。

・この時期の運動神経の発達を逃すと、どんなに練習しても運動神経や運動テクニックを身につけることが難しくる。

 

3~8歳までを「プレ・ゴールデンエイジ」と言います。

・神経系の発達が目覚ましく、さまざまな神経回路が形成され、一度その経路ができあがると生涯に渡って活躍。

 

たとえば、一度自転車に乗れると、生涯に渡って乗れるといった具合です。

 

なぜ今やるのか、ロジカルに説明されると親としてやらなければと必ず思うはず!!

 

なぜって12歳までに運動神経はつくられるのです!!

 

子供の能力開発ならポピー↓ 

 

さて、ここまでは前置きです!

ここから本編に入ります。

 

 〇本編の内容 

 

序章:1週間で確実に速くなる! 堀籠式理想のフォーム

1章:1週間で速くなろう

2章:速く走るためのトレーニング(スプリントドリル)

3章:走る体をつくる複合的なトレーニング

4章:ウォーミングアップに取り入れたい運動

5章:スポーツが得意になる体をつくろう

6章:楽しさが重要!子どもへの教え方

 

陸上はジュニア期のスピードは世界トップレベルです。しかし、シニアになると日本よりも世界の方が遥かにレベルは高くなってしまいます。

このことは、育成指導のプログラムが浸透していない日本の大きな課題であることを後書きで述べられています。

 

これで、来年は子どもと僕も速くなって大会をにぎわすぞーーーーい!

  

〇スポーツ大会の翌日

 

とにかく、子どもの成長の臨界期までには、色々と身につけさせてあげたい。

 

次の日は、スポーツ大会にフルコースの参戦でバキバキの44歳の体を押して警察のOBが運営する自転車公園へ。

 

足こぎゴーカートで坂道を上り、子どもの脚力を鍛えたあとは、毎度の電動無料カート👍


f:id:kokeey:20191104173548j:image


f:id:kokeey:20191104173734j:image

その後は・・・

英語のレッスンを僕と家で予習して長女のディズニーの英語教室へ(о´∀`о)

 

 

子どもの成長に繋がる充実した(11/2・3・4)3連休でした。

 

では。

 

良かったら、応援クリックお願いいたします。

   ↓

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

   

☀️コッキーの長女もやってる小学生のための通信教育。授業が分かる教科書対応、ニガテを解消できる学力診断など小学生一人ひとりをサポートする通信教育👍

          ↓

 

 

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓


人気ブログランキング

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村