コッキーの子育て太陽光ブログ

時間的・経済的自由をもとめて。日々の事業や投資・子育てをつづっています。

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

 

こちらも

  ↓


人気ブログランキング

 

タイナビで探す

 

太陽光発電所「定額電灯」から「従量電灯」変更契約を悩む🤔

 

どうも、コッキーです!

 


f:id:kokeey:20191208081333j:image

みなさん、太陽光発電パワーコンディショナーの定額電灯 ⇒ 従量電灯 への変更うまく進んでますかーー😆

 

んっ!?そもそも取り組んでないって?

どーもすいません💦

 

 

前回、コッキーは第1号発電所の変更がうまくいっていない件を記事にさせていただきました!!過去記事コチラ↓

www.kokeey.work

 

 

物事ってとんとん拍子にいくと、意外と身になりませんが、今回あまりうまくいっていないので、ものすごく勉強になっております。。

・・・っというポジティブシンキングで取り組んでいます👍

 

 

第2号発電所は、すんなりと定額電灯 ⇒ 従量電灯 に変更できた訳ですが、施工担当者に聞いてみると、変更できた経緯を知ることができました。

 

 

第2号発電所は、デルタ社製のパワーコンディショナーを使用しているところですが、待機消費電力が400VAを超えるとので、東電への申請だけで変更が出来たとのこと。

 

第1号発電所のパワコンがオムロン製で、待機電力が400VA以内なので、申請だけでは変更が出来ないわけです。

 

なので、外部にコンセントを設置して、そこから「草刈り機」や「洗浄機」などで400VA以上の出力を必要とする証明をしなければいけません・・・

 

 

つまり、この作業を人(業者さん)に委託すると、「コンセント設置工事」+「東電との現地立ち合い(400VA以上の確認)」+「申請」と3つの作業が発生します。

 

職人さんによる立ち合いなど、人の拘束時間と申請手間を考えると、それなりに費用がかかりそうですね・・・

 

 

先日は、施工業者に確認したところ10万弱の金額でしたが、今回は、2号発電所の設置業者に確認したところ、「5~6万かな~」とのこと。

 

2,200円から2,400円の電力使用料金が掛かっており、定額から従量に変更して、そこから新電力に変更すると月80円程度まで削減できます。

 

約3年でペイする計算になりますので、十分検討に値するなと😆

 

 

第1号発電所も申請だけで変更できれば良かったのですが、「無理」という事がハッキリしたので、今後を考えると5~6万の経費支出で変更できるならいいのかな~~

 

 

みなさま、定額電灯 ⇒   従量電灯への変更うまくいってますでしょうか?

コッキーは、めんどくさいので、今回発注しちゃおうかと考え始めています。

 

 

もっといい方法があるよ!とか、安い業者さん知ってるよ!!みたいなのありましたらご教授くださいませ。

 

 

では。

 

良かったら、応援クリックお願いいたします。

   ↓

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログ 野立て太陽光発電へにほんブログ村

災害に備えるなら!

◯ 蓄電池とセットの見積りが増えています!

見積価格・施工品質・アフターフォロー満足度NO.1  

      安心の会社選び!

                                ⏬

太陽光発電一括見積り 公式サイト【タイナビ】

 

  

◯太陽光発電セットで蓄電池を設置すれば安心です!!

      \  補助金   /

          最大60万円 

 ※家庭用蓄電池の補助金申請は11月29日(金)まで!      

 【タイナビ蓄電池】蓄電池の一括見積り比較!完全無料で最大5社 

 

 

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

こちらも

  ↓


人気ブログランキング