コッキーの子育て太陽光発電ブログ|副業で資産形成

サラリーマンの副業や投資・子育てのヒント。時間的・経済的自由を手に入れ、サラリーマンの生活が豊かになるための行動をご紹介。

【税理士利用のすすめ】税務の負担を減らし副業を軌道にのせよう

f:id:kokeey:20201117105042j:image

 

確定申告の時期が近づいて参りました。

事業を開始したばかりで、経費削減のためにご自身での確定申告を想定する方も多いかと思います。

 

しかしながら、
実際には最新の会計ソフトを入れ続ける経費や、毎年のように変わる税制への対応を考えると、プロである税理士にお任せするのがベストです。

 

なぜ、税理士利用がおすすめかなのか詳細をまとめていきます。

 

 

 記事の内容 

  • 個人事業主で開業して消費税の還付の際の心配事
  • 確定申告資料の作成は素人ではホント大変
  • 税務に対する心理的負担を無くす
  • 税務の負担を減らし副業を軌道にのせようまとめ

 

   

この記事を書く人

f:id:kokeey:20200821112418j:image 

 

スポンサードリンク

 

個人事業主で開業して消費税の還付の際の心配事

 

太陽光発電事業を消費税の還付を目的に事業を開始する人もいるでしょう。

約4,000万円の投資をしたら、400万円ほどの消費税還付があるのですから当然の事です。

 

しかし注意が必要なのが、税務署は税金を回収してなんぼの業務をする所です。当然、税金の還付が大きければ慎重に対応を進めてくることになります。

 

つまり、消費税の還付に限っては、通常の確定申告と比べて、相当税務調査のリスクが上がると言う事です。

 

まず税務署は個人での申告か、税理士による申告かを見てきます。

個人の経理知識が無い人の申告は、税務署としていくらでも粗を探せる・むしろ穴だらけだからです。

 

ただし、様々なサイトを見てもらえるとわかるとおり、最初からもとめられている資料以上に税務署が知りたい確認資料を添付することで、税務調査が入る確率を減らせる事ができます。

 

消費税の還付に関しては、見積書や契約書・請求書などをあらかじめ添付して送ることで、税務調査のリスクを下げる事ができるのです。

 

実際に、新米税理士事務所に確定申告をお願いした際、確認資料を添付するように依頼したのに拒否されしまい、みごとに税務調査をうけるという憂き目にあってしまいました。

   ↓ ↓ 

www.kokeey.work

 

ちょっと顧客本位でない税理士さんだったので、再度、税理士ドットコムでベテランの税理士を探してもらいました。

 

法人による消費税還付申請の際は、ベテラン税理士が自主的に確認資料を送ってくれたので、何のお尋ねも送られて来ず、無事還付を受けることができました。

 

★あわせて読みたい

www.kokeey.work

 

税理士選びは、やはり経験が重要と考えています。

 

 

確定申告資料の作成は素人ではホント大変

 

当初は、税理士に記帳代行をお願いすることを勿体ないと考えていました。

 

しかし、

仕分け?・税抜経理方式?・仮払い?・事業主借?よーわからん!!!

 

個人事業主として、本業をやりながら不安に思いながら経理・帳簿を作成することが困難だと判断し、創業したばかりという理由で、税理士ドットコムに5万(税抜き)以下で作業をしてくれる税理士を探してもらいました。

 

経理・帳簿作成を自分でやる事は、時間短縮の観点から、税理士に委託するのがベストだと考えています。特に法人になると書類も増え大変です。

 

個人の方が初めての確定申告で心配されるのが、少しやましい事があったり、節税のつもりで計上したものが、後から対象外のものであると気が付いたりして、不安なこともあるかと思います。

 

税務署もそこが分かっているので、個人事業主で税理士を使わない消費税還付を伴う確定申告については、100年に1度の確率ではなく、10年に1度の確率ぐらいに上がるのではと考えています。
 

当然、税務署は正しい納税を促すために「税務調査」を行っている訳ですから。

 
税務調査の対象者 税務調査は売上の大きな企業にしか関係ない、と思われがちですが、小規模の事業者や個人事業主、さらには事業を行っていない個人であっても、税務調査の対象となる事が理解できたかと思います。
 
それぞれの税務調査の確率は、
 
  • 法人の場合
 申告した法人は6・7年に1度の確率で、税務調査の対象となっているということが明らかになっています。
 
  • 個人事業主サラリーマンなどの個人の確率
 個人は100年に1度の確率です。
 
調査受ける際の対応 税務調査の事前通知を受けたら、必要書類の通知がなされます。きちっと準備をしておくことで調査当日も焦ることなく対応することができます。
 
事前通知では税務調査を行う日時が伝えられますが、やむを得ない事情がある場合は、日時や場所の相談することも可能です。
 
僕の場合は、両親と同居していたり、家族への余計な負担を掛けたくなかったため、税務署で調査を受けたいと申し出ました。
 
すると、必要な書類などを文書で送るので、資料をしっかりと持ってきてくださいとのことでしたが、すんなり受け入れていただきました。
 
 

税務に対する心理的負担を無くす

 
税務調査を受けて思った事は、経験値の高い信頼のおける税理士に任せる事で、その後何の心配もなくなるという事です。
 
税理士に成りたてで経験も無く独立している方にお任せすると、余計な不安や気を使います。
 
であれば、ベテランで格安の税理士を探してもらうために、税理士ドットコムなどに要望を伝え、最大限ニーズに近い税理士さんを探してもらいましょう。

  ↓ ↓

https://www.zeiri4.com

 
僕自身は、格安・地元・経験のあるといった要望を伝え紹介していただきました。
税理士と契約することで、税務に対する心的不安が一切なくなり身軽になっています。
 
もちろん、5万や10万円の費用がもったいないと思われる方もいるでしょう。
 
でも、副業こそ税理士に頼んで負担を減らし、他の稼ぐ事に注力すべきだと考えています。
 
 

税務の負担を減らし副業を軌道にのせようまとめ

 
初めての確定申告は、色々と心配事が多いものです。
 
ましてや、消費税の還付となると、税理士は厳しく見てくることが間違いなしです。
 
もちろん、税務や経費に関する知識がゼロだと、税理士に良いようにあつかわれてしまう可能性もありますが、資格士業はプライドを持って業務をされている方がほとんどです。
 
お互いに信頼し合って取り組めるパートナーを見つける事で、相乗効果を生むことができます。
 
個人事業主・法人の確定申告をお願いすることで経費計上の違いも色々と分かりますし、個人・法人のメリット・デメリットも知る事ができます。
 

本業と副業+家庭に集中するためにも、税理士を利用して確定申告を行い、余った時間で更なる事業展開を目指していきましょう!!

 
信頼できる税理士探しはこちら

  ↓ ↓

https://www.zeiri4.com

 

では。

 

 

〇産業用太陽光発電の物件検索サイトランキング

 

   1  .   

f:id:kokeey:20200407175239p:plain

 

 

\非公開物件の紹介を受けるなら/

>メガ発に登録

 

 

 

   2  .   

f:id:kokeey:20200407175242p:plain

 

 

\非公開物件の紹介を受けるなら/

>タイナビに登録

 

 

 

   3  .   

f:id:kokeey:20200407175246p:plain

 

 

\太陽光発電の物件探しはこちら/

>スマエネで探す

 

〇本当に役立つ9つのおすすめ太陽光発電物件サイト

www.kokeey.work

〇ほったらかし投資の始め方 さあ、太陽光発電を始めよう!!

www.kokeey.work

〇太陽光の無料メンテナンスガイドブックをもらおう-

www.kokeey.work

〇戸建太陽光のススメ -災害に強い家をつくろう-

www.kokeey.work

〇日本政策金融公庫攻略 ~特別金利の適用を受ける方法~

www.kokeey.work  

〇事業所得の確定申告は税理士に任せよう

www.kokeey.work