コッキーの太陽光ブログ

時間的・経済的自由をもとめて。日々の事業や投資・子育てをつづっています。

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓


人気ブログランキング

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

 

タイナビで探す

幼児教育を検討する😆 ✨ 子育ての選択肢はいっぱい✨

 

どうも、コッキーです!

 


f:id:kokeey:20191202030804j:image

子育てって難しい分、成長が感じられるとメチャクチャうれしいですよね!

 

コッキーは、子どもの教育に、学力よりはどちらかというと運動能力の向上に力を入れています。

 

過去記事↓ 

www.kokeey.work

 

   

なぜかというと、自分が運動能力がふつうもしくはそれ以下のため、いろいろと人生損してるって感じていることが大きいかもしれません・・・ 

 

 

あと、運動を教えるのって、幼児の時期は、親の関与で充分な部分もあるので、お金がそんなにかからないってのもあります。。。

 

 

以前から、本当は子育てに興味はあったのですが・・・ 

 

 

・・・子供が生まれたばかりの時は、幼児教育に興味はあったのですが、給与水準も低かったので、幼児教育について、あえて無視(見ないように)していました。

 

 

・・・だって、ほんとにカツカツでお金が無かったんですよ・・・実際💦💦

 

 

でも、今は学力についても、妻と一緒に全力で子どもの導き・応援をしています!!

 

そんなこともあって、子どもを成長させるにあたり調べた幼児教育をまとめたいと思います!!

 

 

〇キッズアカデミー

 

キッズアカデミーでは、脳がまだ完成していない時期(8歳まで)に、脳の性能を良くするIQ『知能教育』を行います。

また、『クリティカル・シンキング論理的・思考的に物事をとらえて、より本質的な結論を導きだそうとする思考パターンを育てます。

 

 

 〇キッズアカデミーの約束 

1 知識教育でなく知能教育を行います

2 誠実で責任感や道徳判断に優れた活発で朗らかな子に育てます

3 3歳からの取り組みでもIQ30伸ばします。

 

 

 〇キッズアカデミーの考え方 

 キッズアカデミーは、書くことにとらわれず、教材で「思考」「記憶」を集中強化する知能教育です。

 

3歳になれば脳の80%が既に形成されるため、言葉が話せ、計算ができます。

 

だから文字や数の操作を覚えこませる『知識教育』に取り組んでしまわれる親御さんが多いのですが、それは『適切な教育』ではありません。

『知識教育』は小学校へ上がってからで十分間に合います。

 

今大切なのは『知能=頭(脳)』を良くすること

頭(脳)を良くする教育=『知能教育』は、8歳までに行わないと大きな効果を期待できません。そして早く始めれば始めるほど効果が大きいです。

 

キッズアカデミーでは、脳がまだ完成していない時期(8歳まで)に、脳の性能を良くする『知能教育』を行います。

 

結果として知能指数(IQ)が著しく向上します。『記憶力』と『思考力』が高まりまsす。

 

知能の高い子は、誠実で責任感や道徳的判断に優れた、活発で朗らかな子に育ち、それは、アメリカの心理学者スタンフォード大学のターマン教授の35年に渡る追跡調査いおいて、高知能児は、道徳心や社会適応力に優れて、情緒が安定しているというデータが報告されています。

 

 

 〇キッズアカデミーの実績 

キッズアカデミーは確実に『頭(脳)を良くします』

 

過去5年間の実績は以下の通りです。
頭の良さを判定する知能検査の結果です。約3800人(2016年5月末)の検査データですが、知能検査は普通の人のIQが100となるように作られています。

受験回数 1回目 2回目
(1年後)
3回目
(2年後)
4回目
(3年後)
IQ平均値 131.5 145.7 154.7 157.7

 

 〇費 用 

 入室金10,000円

 月レッスン料 14,500円

 教材費:別途教材費
 年間一括払い 36,000円+税
 四期分割払い 10,000円+税/一期

 知能検査料:10,000円

 

 

 〇教材の内容 

知能研究所の研究結果をもとに、「24の知能因子をまんべんなく刺激する教具」となっています。

 

知能は様々な能力の集合で、その一つひとつを「知能因子」と言います。知能因子は、考えたり憶えたりするための材料である「知能領域」と記憶と思考という知能の働きである「知能活動」とに大別でき、その組合せによる24の因子で構成されます。


この知能因子論に則して「脳の器」を拡げていきます。幼児期にこれらの因子を刺激し高めることで、結果的に様々な能力を身につけ、人生の選択の幅を豊かに広げることになります。

知能因子がバランスよく刺激された状態

 

 ちなみに、コッキーの長女・長男も通っていますよ(о´∀`о)

 

 

〇七田式

 

七田式は、フラッシュカードなどを利用した、「右脳を育てる教育」「知識教育」に重点を置いた教育となっています。

また、心の教育で非認知能力も高めることを重視しています。 

 

 

 〇七田式の考え方 

「認めて ほめて 愛して育てる」をキーワードにした”右脳と心の教育”

 

親であれば誰もが、わが子には幸せになってほしいと願います。子供は皆、天才的な能力を持って生まれてきます。

七田式教育は、「脳」「食」「心」と、あらゆる角度から子供の五感に働きかけ、その天才な能力を開花させる教育法になります。


また、脳の構造や機能に基づき、「食学」という独自のアプローチ法を用いた、世界に類を見ない教育メソッドです。

キミの可能性は無限大

七田式教育が目指すことは、高い学力はもちろんのこと、心を育て、人への優しい愛情を育て、大きな夢、志を持った子供に育てることです。

 

 

 〇七田式の実績  

世界19の国と地域。60年の実績。 

現在、日本国内はもとより世界19の国と地域で子供たちが七田式教育で学び、世界中で活躍しています。

 

七田式教育を受けたお子さまは、心の清らかさ、優しさ、志の高さなど、優れた感性を身につけているそうです。

 

 

 〇七田式の主な教育プログラム 

 ・フラッシュカード

 ・ドッツセット ー計算力向上ー

 ・七田式プリント -「ちえ」「もじ」「かず」の3分野プログラム

 ・高速「視・聴・読」を採用した英語40日CDプログラム

 

 

 〇幼児コースの費用 

 ※FCのため、教室によって費用が異なります。 

 入 室 金  :20,000円

 受 講 費  :9,500円~14,000円/月ほど

 レッスン   :  40分 ~ 50分

 教室維持管理費:2,200円

 教 材 費  : 実 費

〇通信教育顧客満足度No.1!

  「やりたい」を引き出す発達にあった学び

 

  \ 入会金0円・送料別途不要 /

       無料体験教材もあります 

 

※12月特大号の最終申込締切日

         1217日(火)まで! 

    

         ベネッセ公式サイトはコチラ        ⬇️       

 

  

〇公文式

 

『公文式』は、早期学習(先取り教育)・自学自習ができるように、「ちょうどの学習」に力を入れた教育となっています。

 

  

 〇公文式学習の考え方 

公文式学習とは、解き方を教わるのではなく、自分の力で教材の問題を解く学習法で、
「やればできる」という自己肯定感を育み、未知の領域にも、自分から挑戦する力を培います。
公文式は、一人ひとりの「可能性の追求」を目指す教育です。

 

KUMONは、公文式学習を通して、
「自分自身の生きる道を自らの力で切り拓いていける健全で有能な人材」
の育成を目指しています。

KUMONは、できるだけ人生の早い時期に、「自学自習で高校教材」を学習する力を身につけることが、子ども達にとって、「最も役に立つ」と考えています。

 

早い時期から自分で学び、「高い学力」と「自分で学ぶ力(自学自習力)」をつけていくという公文式学習法は、子ども達が将来社会に出て困難な問題に直面した際にも、人に頼ることなく自分で解決方法を考え、夢や目標を実現できる力になります。

 

公文式は、人に解き方を教わるのではなく、自分の力で教材の問題を解く学習法です。

 

まず年齢や学年にとらわれずらくにできるところから始め、子ども達に、「自分でできた!」「100点が取れた!」「学習が楽しい!」「次に進みたい!」という喜びを通して学ぶ楽しさを育み、自分の力で学力を高めていく基礎を作ります。

 

公文式の「ちょうどの学習」は、「自分の能力の範囲でできる問題だけに取り組む学習」の段階だけではありません。KUMONの指導者は、その子どもの学力の向上に合わせて、少しずつ難易度の高い教材にチャレンジさせていきます。

 

子ども達は体を鍛えるトレーニングのように、頭と心に適度な負荷のかかる「ちょうどの学習」を続けることで、「やればできる」という自己肯定感とともに、高い学力を身につけていくことができます。

 

公文式は、自分で学ぶ学習で学年を越えて進み、
できるだけ早い時期に高校教材を学習することが目標です。

 

 

 〇公文式の方針 

 

1.公文式は、年齢や学年にとらわれず、一人ひとりの力に応じた「ちょうどの学習」で、「学年を越えて進む」学習法です。学ぶ楽しさやできる喜びを育みながら学力を高め、一人ひとりの能力を最大限に伸ばします。

 

2.「自ら学ぶ力」を大切にしている公文式では、教材を自分で読み、考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。答えを自分で導き出していく力は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていきます。

 

3.スモールステップの教材

公文式の教材は、やさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。ですから、常に一人ひとりにあった「ちょうどの内容」を、自学自習でスムーズに進んでいくことができます。

 

4.KUMONの指導者

「一人ひとりのできること」を見つけて、可能性を引き出す存在。それがKUMONの指導者です。学力や個性・気持ちをきちんと把握したうえで、「ちょうどの学習」ができるようにサポートします。

 
 

 〇費 用 

 

対象教科:算数・数学、英語、国語
生徒一人あたり1教科の月会費(月謝)

対象 1教科/月額会費
東京都・神奈川県に所在する教室 左記以外の地域に所在する教室
幼児・
小学生
7,700円 7,150円
中学生 8,800円 8,250円
高校生
以上
9,900円 9,350円

※消費税・教材費を含みます。

 

 

〇コペル

 

『コペル』は遊びを通して左右の脳をバランスよく刺激し、本来持っている潜在能力を笑顔と共に伸ばしていく全脳のカリキュラム。子どもの中に眠っている潜在能力を無理なく、楽しみながら引き出していきます。

 

 〇コペルの考え方 

 「コペル」とは、 それまでの常識であった天動説に対して地動説を唱えた、天文学者であるコペルニクスに由来しています。
物事の見方が180度変わってしまう「コペルニクス的転回」と同じように、教育によって、”論理・対立の左脳型社会から感性・共生の全脳型社会への転回”を実現したいという私たちの想いを込められています。

どこにもない最高の教育を通して、子どもたちが持っている無限の可能性を引き出すことにより、笑顔かがやく幸福な未来を目指しています。 

笑顔あふれる子供の未来がここにあります。 

幼児期は学びも遊びも同じこと。遊びを通して左右の脳を刺激し、本来持っている潜在能力を笑顔と共に伸ばしていく。子どもの中に眠っている潜在能力を無理なく、楽しみながら引き出していきます。 

 

 

 〇コペルの教育方針 

 

1.100%の力を引き出す

2.心の子育て

3.潜在能力を引き出す

4.年齢に合わせた学習法

5.専門講師と楽しく遊ぶ

6.良いところを伸ばす

7.「やりたい」を引き出す

8.バランスを大切に

 

 

 〇費 用 

・月額:16,000円(コース内容に合わせた定額受講料)

 ※3歳クラス以上は施設教材費 2,000円〜がかかります。

 ※エリアによって料金が異なります。詳しくはお問合せ下さい。

 (掲載している価格は東京エリアの料金です)

・ 兄弟児特典あり          

年齢 0~6歳
授業時間 0~2歳 50分
3~6歳 60分
内容 月齢別
定員 6名まで

 

 〇教 材 

業界NO.1を誇る大量の多種多様な教材を使用して、好奇心・探求心を引き出すのみならず、毎回新しい刺激で楽しく学ぶことができるそうです。

1年で使うオリジナルの教材はコンテナ96個分!!

  幼児コース(0歳~6歳)

 

   

 

〇通信教育(ベネッセ・ポピー・Z会)
 
 

 〇ポピーの費用 

幼児ポピーの月会費(税込)
ももちゃん 2~3歳児 980
きいどり 年少(3~4歳) 980
あかどり 年中(4~5歳) 1,100
あおどり 年長(5~6歳) 1,100
 

「幼児ポピー」会費は多教材と比べても「続けやすい」価格です。

『幼児ポピー』と他社教材との会費比較

 
 

 〇ベネッセ・こどもチャレンジ費用 

  受講費

(2019年11月現在)

受講費明細
12ヵ月分
一括払い

月あたり1,980


月あたり1,980円✕12ヵ月分
=合計23,760

毎月払い

月々2,379

すべて税込(消費税率10%)の金額

 

 

 〇Z会の費用 

 

年少:1,870円(税込み)

年中:2,244円(税込み)

年長:2,431円(税込み)

  

 

〇幼児教育の最善の選択は?

 

幼児教育の最善の選択・・・

 

これは、お住いの地域の問題もありますし、経済的事情もあります。

理想を求めて遠くの場所に通わせるのは時間的に不経済ですし、お金が高くては、継続的に通わせることができません・・・

 

 

そういったこともあり、我が家は「ベネッセ」の通信教育をしていました。

 

知育玩具も1ケ月に1回送られて来ますし、年齢に応じたステップでDVDや読み聞かせの絵本、線引きなどのワークが送られてきたので、物足りないと感じた事はありませんでした。

 

 

子供がいつも「こどもチャレンジ」が届くのを楽しみにしていたのを思い出します。

 

〇通信教育顧客満足度No.1!

  「やりたい」を引き出す発達にあった学び

 

  \ 入会金0円・送料別途不要 /

       無料体験教材もあります 

 

※12月特大号の最終申込締切日1217日(火)まで! 

    

         ベネッセ公式サイトはコチラ   ⬇️       

 

   

ただし、「チャレンジ」などの通信学習は、親の頑張りも必須です!

我が家も、年子であった子どもの世話が忙しく、ワークは残ったものもあります💦

残ったのは下の子にやらせました(−_−;) 

 

教材は、顧客満足度NO.1のよく考えられた素晴らしいものです!!

 

 

高齢での出産で、または、もともと高所得の方などは、通いで「キッズアカデミー」「七田式」「公文式」も良いですよね。

 

子ども同士のお友達も出来ますし、教育に熱心な親同士の交流・情報交換も図れます。

 

 

自分の子どもをどういう方向に促したいのか、親の「長期ビジョン」がもっとも重要な要素なのかなーーーと思っています。

 

 

みなさまは、どのように幼児教育に取り組んでますでしょうか。

 

 

こんなのがいいよー、とかありましたら是非ご教授ください。。

では。 

  

 

 

良かったら、応援クリックお願いいたします。

     ↓

    にほんブログ村 環境ブログへ
   にほんブログ村

  

    こちらも

     ↓

   

   

☀️小学生からの「差がつく家庭学習」 始めるなら今がチャンスです!まずは無料見本から。👍

            ↓

       
 

 

 

 

 

 

応援クリックお願いいたします。

   ↓


人気ブログランキング

こちらも

  ↓

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村